長期修繕計画

計画的な修繕提案と資金管理で資産価値を守る長期修繕計画

マンションは、快適な住空間であると同時に大切な財産です。しかし、一見強固に見える鉄筋コンクリート造などのマンションでも、時の流れとともに老朽化が進行します。
マンションの機能低下と老朽化を防止し、財産の保全を図るためには、計画的な修繕計画と資金計画が必要です。
マンションの修繕工事項目は実に多様で、そのすべてに目配りできる知識、経験、ノウハウが求められます。さらに、修繕計画を作成するために、建物の劣化状況の診断、工事仕様、工法の選択などを行う必要があります。関電コミュニティでは日常的な管理業務の積み重ねと、専門的な有資格者による適切な判断で最適な修繕計画をご提案いたします。

将来に備えた無理のない資金計画をご提案

計画的な修繕を円滑に進めるためには、その修繕資金も計画的に準備していく必要があります。
修繕に要する多額の費用を一時的に負担することになると、区分所有者間の合意形成がむずかしくなるため、新築時から、将来の修繕に要する費用を積み立てていき、その費用を毎月に平準化して、一時的な負担を少なくする方法(修繕積立金制度)がとられています。
長期修繕計画と修繕積立金を中心とする資金計画は密接に関連しているため、長期修繕計画と資金計画を連動させ、修繕積立金収支の推移のなかで、計画期間全体と単年度毎の収支バランスを見ていく必要があります。
また、修繕積立金の運用についても、大規模な修繕工事の実施時期までの期間を考慮して、この期間に最も適した金融商品を選択し、資金を安全かつ効率的に運用していくことも必要になってきます。

マンションの修繕に合わせて住まいのリフォームも検討されてはいかがでしょう。関電コミュニティではマンションのプロがお客様に最適なプランをご提案しています。詳しくはマンションリフォームの各ページをご参照下さい。

修繕のタイミングと建物診断

マンションにおける老朽化は屋根、外壁、床部などの建物全体および配管や配線、給排水、ガス、電気などの設備といった共用部分に影響がでてきます。関電コミュニティは、日常のマンション管理の中で建物や設備の劣化状態をチェックするとともに、計画的な修繕を提案、実施することにより、皆様の大切な財産をお守りします。

実際の修繕状況

長期修繕計画に基づいて、下の写真のように、マンション各部の補修やメンテナンスを行っています。私たちはより美しく住みよい環境を整え、入居者の皆様と共に豊かなマンションライフのあり方を追求します。

主な修繕工事時期の目安

鉄部塗装(5年〜6年)

(階段、手すりなど)

サビが浮き始めた鉄部の塗装を5年〜6年サイクルで実施します。

床部・防水(10年〜12年)

廊下のノンスリップシート張り替えおよび防水工事を10年〜12年サイクルで実施します。

外壁(10年〜12年)

外壁の補修・塗装、バルコニー防水工事を10年〜12年サイクルで実施します。

屋上防水(15年前後)

屋上防水工事を15年前後のサイクルで実施します。

PAGETOP