継続した社員教育

常に向上を目指し、お客様のニーズに対応

徹底した社員教育と研修を継続し、よりよいサービスの提供に努めています。

関電コミュニティでは全ての従業員、特に実際に入居者の方々と接する管理員に対して、入社採用時はもちろん、常に多様化し続けるお客様のニーズに対応していくため、業務に携わった後も定期的な研修を行い、管理業務の品質改善、サービスの向上、設備や機器に対する知識習得を行っています。

また、1995年の阪神大震災では、人を中心とするマンション管理業務の重要性を改めて認識し、迅速な情報収集と対応こそが、入居者の皆様の安全と安心に直結すると考え、人的対応を核とする独自の緊急対応システム「ユーメックス」を展開。更に最新の機器や設備を再現した「マンション研修センター」を神戸オフィス内に開設し、常に最新の管理態勢で入居者の皆様に安心・安全・快適をお約束出来るよう、社員教育と研修を徹底し、サービスの向上に努めています。

マンション研修センターでは実際の機器設備を再現し、定期的に管理員研修を行っています。

社員研修

社員研修

関電コミュニティでは、マンション管理業務の基本は「人と現場から」という基本理念を社員一人一人が念頭に置き、お客様と接しています。多様化するマンション管理に携わるには、日頃からの情報収集と知識の習得が大事です。
関電コミュニティでは新入社員研修の際、営業部社員には、技術部による研修で実際のマンション管理に必要な設備や機器などの知識を習得するよう義務づけています。また入社後はデータベースによる社内情報共有を徹底するとともに、毎週報告会を行い、毎月部会を設け、最新情報の共有化と知識の向上を心がけています。また定期的に技術研修会を行い、マンション管理の現場に密着した社員教育を継続しています。

管理員研修

関電コミュニティでは、いかなる問題にも迅速に対応でき、お客様に常に安心して、快適なマンションライフをご提供することが出来るよう、特にマンション入居者の皆様と接する機会が多い、マンション管理員の研修には万全の態勢で定期研修を行っています。
最新の機器と設備を再現した「マンション研修センター」を神戸オフィスに開設し、マンション管理に携わる管理員は定期的に最新情報や管理ノウハウを習得し、入居者の皆様の暮らしに役立て、住環境の保全に努めています。

研修の考え方

関電コミュニティでは入居者の皆様や管理組合様の意見を取り入れ、どのようにすれば円滑な管理業務とコミュニティの充実が図れるかを常に考え、検討しています。
営業部研修では、専門講師による定期研修を実施することにより、多様化するマンション管理業務の品質向上に努め、マンション管理の現場にフィードバックしています。また都市型住環境では人と人との密接な関わりを大切にするコミュニティの形成や、防災、防犯意識の向上も、安心して暮らしていく上では重要な要素です。利便性を追求し、機械化が進むと効率面だけが重視される傾向にありますが、そこに人が安心して住むにはソフト面の充実も重要な要素であると考え、社員教育の普遍的なコンセプトとしています。

PAGETOP